より効果的な甘酒ダイエットの方法で脂肪を燃焼!

甘酒は日本に古くから伝わる発酵食品で、米麹から作られたものと酒粕から作られたものの2種類があります。

 

 

ダイエットにおすすめなのは、発酵による天然の甘さをいかして作られる無加糖の米麹の甘酒です。甘酒には、必須アミノ酸や、ビタミンB群など、さまざまな栄養素が入っています。栄養価が高いため代謝をあげやすく、飲むとすぐにエネルギーに変わります。ですから、朝食の置き換えにぴったりです。朝食の代わりに飲むと、体温をあげて一日のエネルギー消費を高めてくれ、脂肪も燃焼しやすくなります。

 

 

また、甘酒には乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖がたっぷり含まれているので、腸内環境を整え、腸の働きを活発にして朝の便通を促してくれます。ダイエットのために効果的な甘酒の飲み方としては、甘酒を食事前に飲むのもおすすめです。

 

 

甘酒に含まれるブドウ糖が満腹中枢に働きかけるので少量飲むだけでお腹がふくらみます。そのため、ごはんを食べる20分くらい前に飲むと満腹感を感じられて食べすぎ防止になるのです。ダイエット中におやつを食べたくなってしまったときにも、ふだんのおやつよりも少ないカロリーで満腹感を得ることができますし、ブドウ糖は迅速にエネルギーとして使われて体に蓄積されにくいという特徴もあるため、おやつ代わりに甘酒を飲むのもよいでしょう。

 

 

甘酒の飲み方としては、冷たい物よりも温めて飲む方がダイエット効果がアップします。胃腸が温かくなり、より代謝があがるからです。また、より満腹感を感じるためにはゆっくり飲むことも大事です。甘酒は、そのままでも美味しく飲むことができますが、他の食材をプラスして、いろいろな味を楽しむこともできます。ダイエットにおすすめの食材は、豆乳としょうがです。

 

 

豆乳には、脂肪の蓄積を防ぐ作用やコレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。しょうがには、代謝を促進する効果や身体を温めて脂肪を燃焼させる効果があります。甘酒は食材をプラスして、おいしくダイエット効果をアップさせることも簡単にできるのです。