今よりも、もっとバストを大きくする方法

バストを大きくする方法を知る前に、なぜ胸が大きくならないのかを考えたことがあるでしょうか?
古代、人間は、類人猿と呼ばれ、生活は豊かではありませんでした。
毎日、飢えや寒さに震え、生きることで精一杯だったのです。

 

いつ食糧が手に入るか分からない状態で、生き延びる為、人間は進化をしました。
その過程で、脂肪は腹部に集まるようになったのです。

 

腹部に脂肪があれば、寒くても内臓を冷やすことはありませんし、
少しの間、食べ物が無くても脂肪を分解して
すぐ近くの腹部で栄養を吸収することが出来るのです。

 

年齢を重ねると、腹部に脂肪が溜まりやすいのも頷けると思います。

 

では、胸はどうなのか?

 

人間が生命維持をするうえで、胸部に脂肪を蓄えることは余り意味のないことなのです。
人間(女性)が胸を大きくするのは、男性を引き付ける為(良い遺伝子を残すため)ですが、
進化の過程ではずっと後の事なのです。

 

ダイエットを行った方は、経験があると思うのですが、胸から痩せていきませんか?
このことからも分かる通り、胸に脂肪は付きにくいのです。
大きくしにくい胸をどうしたら大きくできるのでしょうか?

 

ヒントは脂肪です。

 

脂肪は体の色々な部分に存在します。
腕、背中、腹部などです。
そして、その脂肪はほぼ同じものです。

 

もし、この脂肪が胸に集まれば、大きなバストなるのではないかと思いませんか?

 

実際、80年代のタイでは、ニューハーフの方がダンスショーの前にマッサージをして、胸を作って踊っていました。

 

20〜30分でもとの男性の体に戻ってしまうのですが、毎日繰り返しマッサージすれば、
もとに戻る事無くバストアップに繋がります。

 

やり方は鏡を見ながら、二の腕を揉んで胸に持ってきます。
その時に、脂肪が胸に動くようなイメージを持ちながら、マッサージを行います。

 

次は背中です。背中から胸に持っていきます。

 

もし、手伝ってもらえる方がいれば(エステシャンなど)効果的ですが、一人でも大丈夫です。
この時も、脂肪が動いているイメージをしっかり持ちます。

 

最後に腹部から胸に持っていきます。

 

なぜ、腹部は最後なのかというと、重力の関係で下に落ちやすいのです。
しっかり、鏡をみながら、イメージをし、続けてみて下さい。